" alt="">
" alt="">
" alt="">

☆幸せな一日☆

カメラマンの役割

ウェディングの撮影に関わらせていただくことが多いのですが

カメラマンってどういう立ち位置だと思われますか?

ワタシたちは、挙式&披露宴の時はあくまでも黒子に徹しています

カメラマンから被写体に対して

過剰に演出することのないように

あくまでもその日の出来事、思い出の瞬間を切り取って

記録に残していくことが目的です



それとは別に、前撮りはまた考え方か違って

出来上がり図を想像しながら

ポージングやライティングを決めていきます

前撮りと婚礼当日のスナップ写真の撮影の仕方は

根本的に違っているのですが

それをお客様に伝える、解っていただけるには

なかなか難しい面もあります



披露宴の場で、ノリで盛り上げて

そこで楽しそうな雰囲気を造ることは

今までカメラマンとして仕事してきたカメラマン社長の

ポリシーとはかけ離れたものであり

一生かけて見直していただけるアルバムを造る上で

必要のないものだと思っています

心からお祝いしてくださるゲストの方と

そのゲストをおもてなししたいお二人の

ありのままの姿の一番いい姿を記録に残すことが

カメラマンとしての使命だと思うのですが…

どうPRしたら伝わるんでしょうかね?


宣伝力もなく

こうしてブログで毒っぽく吐くことでしか訴えられないことに

少し苛立ちを感じるところではあります

あ、今日は前向きな発言になりませんでした。ゴメンナサイ(^人^)




久しぶりに早めな帰宅の晩ご飯
e0177509_23251447.jpg

干し鮎、ネギとしめじの胡麻和え、5色サラダに、牛肉のすき焼き風です

明日からも頑張ります!!




iPhoneから送信


ブログランキングに参加しています
1日1回ポチッとお願いします♪
広島ブログ

こっちのブログランキングにも参加しました
もう2クリック オ・ネ・ガ・イ♪
   
Commented by もみじ日記 at 2013-07-16 00:27 x
お疲れ様です。
難しい問題ですね。
我々の世代は,一応アルバムは作るものの,後で見ることはないという方が多かったのではないかと思います。
しかし,それではもったいない。
いかにアルバムを価値あるものにするか。
それはお客様とアミューズさんがよくよく話し合ってコンセプトを決めるところにあるのかなという気がします。
Commented by h-amuse at 2013-07-16 01:06
もみじ日記さんへ

実は私も成人式の写真は2度と見たくないものになってしまいました
その思いが変わったのは、主人の師匠
本通りのキシダ写真館の先代、岸田貢先生と
当事修行に来られていた岡山の松島写場、松島綱雄さんに
結婚式の写真を撮っていただいたところからです
撮る側の「気」が素人の撮られる側にも伝わってきて
変に緊張することなく自然に引き込まれていく不思議さを
身をもって体験しました
ちょっと気恥ずかしさもありますが
スタジオに私たちの結婚アルバムが置いてあります
時代を超えても恥ずかしくないアルバムが
ここにちゃんと残っています
Commented by ナナママ at 2013-07-16 19:28 x
今度、スタジオ伺って、
結婚アルバム見せて頂きたいと思います。

私も、最近、お客様に思いがうまく伝えれず、
しんどかったけど、
喜んでくださる方あれば、、、また、元気でます!!!
Commented by h-amuse at 2013-07-17 20:10
ナナママさま

恥ずかしくないアルバムって言いましたけど…
見て驚かないでくださいね
随分変貌を遂げた者が約1名います(笑)

仕事して一番嬉しいのは、やはりお客様の反応ですよね
喜んでいただければ勇気百倍
これでまた明日からがんばれますもん。o@(^-^)@o。
by h-amuse | 2013-07-15 23:25 | ワーク | Comments(4)

前向きでいこう!プッチのママブログ


by h-amuse
プロフィールを見る
画像一覧